副業するのに必要な注意は

必要な注意

長く続いた不況で本業での収入は減る一方。
その上、消費税まであがるのでこれから副業を始めようとしている人もいるでしょう。
副業を始める前に一番心配なのが勤務先にばれないようにすることです。
副業をしていることがわかったら解雇されてしまうのでしょうか?
ところが最近は少し状況が変わってきています。
というのも企業側でもお給料だけでは生活が苦しいだろうと思っていることがあるからです。
でも、ここでいう「生活が苦しい」というのはがんばって働いても手取りが増えない人を言います。
怠けていて生活が苦しい人は論外です。
一生懸命働いても収入が月給以上になることはまずありません。
だからといって企業では月給以上あげるわけにも行きません。
その代わりにその人が副業をすることを認めてあげよう。
このような寛大な企業はどこにでもあるわけではありません。
一番いいのは勤務先の就業規則で確認をすることです。
どうしても副業をする必要があったらまずは直属の上司に相談してみましょう。
相談だけなら解雇になりません。
企業によっては届け出てれくれれば黙認するというところもあります。
あなたの勤務先が副業は絶対禁止だったら、これは絶対知られてはいけません。
副業で収入が増えてもあまりあからさまにすると周囲に不審がられます。
副業に没頭するあまり本業がないがしろにならないようにしましょう。
本業に支障が出るとその原因が追究されて副業がばれる可能性があります。
支障が出た原因が副業とわかれば解雇されても仕方ありません。
副業を黙認している企業でも勤務時間中に勤務先のパソコンを使って副業をしたり、時間外でも同僚をマルチ販売に勧誘したりすることはルール違反となります。
副業で得た収入が20万円以上なら確定申告が必要になります。
この場合、副業のために買った品々の領収書を大切に保管してください。
これらの内訳を表などにまとめておくと便利です。

副業としてのモニター

モニター

副業ではいろいろありますが、自宅でできる副業に「ブログライター」があります。
最近、よく聞くと思いますが、依頼された内容の記事を書いて報酬をもらうものです。
これにはある程度のルールがあります。
まず、記事を書く際にはいろいろ調べる必要があります。
大抵は書籍やネットから調べますが、その内容を丸写ししてはいけないということです。
万が一、これをしてしまうと著作権に引っ掛かり、その仕事はできなくなるばかりか最悪、損害賠償問題になります。
次に記事の内容はポジティブなものが中心になるということです。
しかし、調べるとどうしてもネガティブなものしか出ないものもたまにはあります。
そんな時でもネガティブ3割、ポジティブ7割くらいにしないとなりません。
単価としては1文字○○円というタイプと1記事○○円というタイプと2つあります。
1文字○○円だと1つの記事の文字数が多ければ多いほど単価はあがります。
数を少なく、文字入力に自信のある人に向いています。
数をこなしたいなら1記事○○円のタイプが都合がいいです。
いずれにしてもこの手の単価は低いので複数を掛け持ちしている人もいるでしょう。
こんな場合、自分の書いた記事がダブらないようにすることです。
副業と言えるかわかりませんが、モニターで収入を得ている人もいます。
モニターの対象はとても種類が多いですが、治験モニターは報酬が高いと聞きます。
治験モニターとは、人体実験のモニターです。
報酬は高いですが、入院したり指定の病院に行ったりと結構、手間や時間がかかります。
一般的なモニターでは、新商品を無料で試せたりするので収入は少なくてもしている人は多いです。
モニターの中には座談会を開催したり、定期的にアンケートがあったりしてその都度報酬が変わります。
しかし、モニターの副業は定期的に発生するものではないので、安定した副収入にはほど遠いです。

Copyright(c) 2014 初心者も安心な副業紹介《jemappelleisabel》 All Rights Reserved.